記事
小学1年生が書いた最優秀賞の作文「てんしのいもうと」が涙腺崩壊するくらい泣けると話題に
2024/05/29

広告

小学1年生の松橋一太くんが書いた作文「てんしのいもうと」が涙腺を刺激し、感動を呼んでいます。この作文は朝日学生新聞社が毎年開催している作文コンクールで最優秀賞を受賞しました。松橋くんは新潟県在住の小学1年生で、この作文は彼の心温まる体験を素敵な言葉で綴ったものです。

広告

作文は、松橋くんがお母さんのお腹に妹ができたことから始まります。彼は妹ができることをとても喜び、毎日ぬいぐるみでおむつ替えの練習をし、妹の名前を考えていました。しかし、春休みの終わりにお母さんが泣いている姿を見て、彼は妹との別れを予感し、寂しい気持ちになりました。それでも、彼は自分の悲しみよりも両親のことを思い、何も言わずにいました。

松橋くんはこの経験から、「当たり前の日常に感謝すること」を学んだと書いています。彼は「お父さんとお母さんがいることも笑うことも、食べることや話すことも、全部ありがとうだと思いました。

広告

」と述べ、妹から多くのことを学んだと感謝の気持ちを綴っています。

上記の内容への声

松橋くんの「てんしのいもうと」は、確かに純粋無垢な子供の視点から描かれた感動的な物語です。

記事はまだ終了していません。次のページをクリックしてください

広告

「高校生活最後のお弁当」でお母さんが泣かせてきた・・・心温まる言葉とお弁当に感動の声
2024/05/29
「汚い靴ね!」運動会で隣の子供の靴を見て嫌みを言う妻。すると、弁当を食べていた息子が妻に話した言葉に胸を打たれる
2024/05/29
浜田雅功が品川祐にブチギレ・・・その行動には後輩を想う感動の事実が!
2024/05/29
親は赤ん坊をメモと共に公園に放置した。4年後、母親は驚きすぎて言葉を失った。
2024/05/29
飲酒運転による事故で最愛の息子を亡くした母親。跳ね飛ばされたランドセルの中身を見て泣き崩れた・・・
2024/05/29
病気で上手に料理を作れなくなってしまった母。→そんな母の為、小学4年生の息子がとった行動に心を打たれる・・
2024/05/29
全盲の息子が大好きな任天堂にお礼の手紙を送るとまさかの神対応に拍手喝采…
2024/05/29
【感動】息子と仲良しの犬が突如真夜中に暴れ出す。母親が駆けつけるとそこには言葉を失う事態に
2024/05/29
夫婦の絆….夫が妻から渡された『1通の封筒』夫婦のやり取りが、愛であふれていた
2024/05/29
『母さん、大丈夫だよ。ここでも良いよ』最後に1度、4歳の少年は目を開いて4文字の言葉を囁いた。その瞬間、涙が止まらない
2024/05/29
バスにベビーカーを乗せた母親に乗客から集中攻撃。近くにいたおばあさんが放った「周囲を黙らした一言」が素晴らしい
2024/05/29
【感動】亡くなった小3の少年が霊柩車ある場所に導いた…着いた先で母が知った真実に涙腺崩壊
2024/05/29
32年間マクドナルドで働き続けたダウン症の女性。退職を申し出ると言葉を失う展開を迎える!
2024/05/29
女の子「お母さん、なんであの人は手ないん?」電車内に響き渡る質問。母親が言った言葉にあなたの胸は締め付けられる
2024/05/29
ファミレスで1円玉のみで支払いをした高校生…店員さんの大人な対応に称賛の声…
2024/05/29
耳に障害をもつお客様が居酒屋を予約して来店…お店の心遣いが称賛される
2024/05/29
お父さんにもらった甘やかされた優しい嘘…子供の愛らしい作文かと思って読んだら・・・
2024/05/29
母親は未熟児として生まれた息子の近くに「手袋」を置いて帰る。翌日にその意味を知り看護師は感動し涙する。
2024/05/28
「息子が病気で資金が必要なんです。」若手俳優に1000万を手渡す志村けん、後に嘘だと判明し投げかけた言葉に時が凍りつく……
2024/05/28
ごめん。高校を辞めて働いて欲しい・・・。私は中退し、仕事で毎月20万以上母に渡していたが急逝。葬式後、母親の通帳を見たら涙が止まらない。
2024/05/26